2019年11月08日

日々の疲れの原因ってこんなことだったの?

皆様、お久しぶりです。

夏になるとウェイクサーフィンに夢中になりすぎて、ブログを書くことを忘れてしまいます(笑)

ウェイクサーフィンを通して、新たなトレーニングが思い浮かんだり指導を受ける側の気持ちになれるので、仕事にとっても大切な時間だなと思っています。
あっもちろんちゃんと仕事してますよ(笑)
IMG_5001.jpg


さて話は変わりますが、最後のブログでは「乳酸は筋肉疲労をやわらげるために発生する」という説があるという話から、では日々の疲れの原因は?ということでした。
原因のその1つが【いろいろな時間】に寝ている。
・睡眠時間が短い、あるいは朝起きてもスッキリしない
平日・休日を問わず、寝る時間が不規則だったり、起きる時間がまちまちだったりすれば、副交感神経の働きが悪くなります。副交感神経は、寝ている間の「脳と体の疲れのメンテナンス」を担う、休息には欠かせない神経。ゆえに疲れが蓄積する可能性が高いでしょう。
オリンピックで活躍するレベルの選手に共通すること
それは「休日も、練習日と同じ時間に寝て、同じ時間に起きるよう努める」だそうです。

父親に小さい頃、休みだからって遅くまで寝るな!!と叱られていたことを思い出します(笑)
ただ忙しい現代人には同じ時間に睡眠を取るというのはなかなか難しいかもしれませんね、、、
うちのメガネ店長もその1人かと(笑)


もう1つの原因は、【呼吸する場所】を間違えている。
胸だけで浅い呼吸をしている人は、2つの点から疲れやすくなります。
・酸素不足による疲れ
胸呼吸だと効率的に酸素が取り入れられず、脳や体に酸素が行き渡らない可能性があります。そうなると、脳や筋肉はうまく働かず、頭がぼーっとしたり、体がコリやすくなります。

・姿勢の歪みによる疲れ
胸だけで呼吸をしている人は、胴の深部にある「体を支える筋肉(いわゆる体幹・インナーマッスル)」が働きにくくなります。正しい姿勢を作るには、体の中心(体幹と脊柱)をしっかり安定させることが不可欠。しかし、胸だけで呼吸をしてお腹を十分に膨らませることができなければ、体幹と脊柱は支えられず安定しません。
姿勢の歪みは疲れだけでなく、代謝も低下してしまいます。
睡眠時間は現代人にとって難易度が高いですが、
呼吸の意識をするということは、そう難しくないと思います。
【疲れない体】のポイントは呼吸にあるとも言えると思います。

IMG_4999.JPG

長くなってしまったので、その呼吸の仕方はまた次回のブログで書きますね!











広島の加圧トレーニングスタジオフュージョンはココ





posted by 加圧スタジオフュージョン at 21:59| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

骨盤&股関節を整えるエクササイズ

いよいよ2018年も終わりますね!
平昌五輪のカーリングの金メダル、カープのリーグ3連覇、記録的猛暑など…
みなさんは何が印象に残っていますか?

さて今年の冬は暖冬みたいですが、
寒がりの私からすると十分寒いです(泣)
寒い時期になると
・腰痛
・むくみ
という症状に悩まされませんか?
私自身も腰痛持ちなので冬の時期は少し辛いです😢

今回はその症状を和らげるために
股関節周りのエクササイズをご紹介します!
なぜ股関節かというと、
・骨盤や股関節は歪みやすい
・骨盤や股関節周りの筋肉がサボりやすくなる
以上の2つから腰周りの筋肉が過剰に使われ
腰痛の原因になることが考えられます。

今回も前回同様、ストレッチポールを使っていきます。
ストレッチポールエクササイズは、
ご自身で身体を動かすことで
・本来の身体の正しい運動パターンを習得
・股関節周りのアライメントを整える
ことが目的です。

まず1つ目はポールに乗って両脚を伸ばします。
写真1.jpg
この状態から脚をワイパーのように左右に揺らしていきます。
写真2.jpg
ポイントは脚の付け根から揺らす感じで行ってみましょう。

2つ目は、
片脚を外側に捻り
写真3.jpg
そのまま脚を伸ばします。
写真4.jpg
さらに脚をそのまま内側に捻り
写真5.jpg
捻ったまま足を元の位置に戻していきます。
写真6.jpg

このエクササイズは
股関節の屈曲、内旋、外旋、外転
などと1つのエクササイズでこれだけの動きを出せます。
1つ1つの動きを実感しながら行うことがポイントです。

最後の3つ目は、
このように足を上げてもらって
写真7.jpg
そこから自転車を漕ぐように脚を回転させていきます。

これは股関節周りの「腸腰筋」
という筋肉を小さく動かしながらほぐしていきます。

以上のエクササイズを行うときのポイントは、
・使っている部位を意識する
・脱力する
・やりにくい動きは慣れるまで行うこと
です。

皆さんもお時間があるときに試してみてください!






広島の加圧トレーニングスタジオフュージョンのホームページはココ



posted by 加圧スタジオフュージョン at 00:00| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

トレーニングの原則原理2

前回のブログではトレーニングで運動効果を出す
原理について説明しました。


今回は原則について説明します。
原理とか原則とか頭が痛くなりますね…(笑)

原則については
トレーニングをするときのルールブック!

トレーニング効果を最大にするために
トレーニングメニューを行う順番に気を付けましょう!というものです

簡単にいうとこんな感じです。
・一番鍛えたいところを鍛えるトレーニング
・難しいトレーニング
・大きな筋肉を鍛えることのできるトレーニング
・たくさんの関節を動かさなければならないトレーニング
は、先に行い


・小さい筋肉を鍛えるトレーニング
・簡単で関節をたくさん動かさなくてもいいトレーニング
・体幹や腹筋など姿勢に関するトレーニング
は後で行いましょう


というものです。
体が元気なうちに前者を行うようにします。





一見「当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが
この当たり前がトレーニングに慣れてくるにつれて守れていない人が
意外にも多いのです。




プローンスタ.jpg





〜広島の加圧トレーニングスタジオフュージョンのホームページはココ〜





posted by 加圧スタジオフュージョン at 09:30| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする