2017年05月26日

姿勢が悪いと起こる不調

もう暖かくなりそろそろ夏が近づいてきますね✨

これまでの寒い時期は、
気温の低さから
カラダがこわばったり冷え症や肩こり
腰痛などが起こりやすくつらい時期でしたね…

寒い時期には、
・肩が上がる
・猫背になる
というような悪い姿勢になりがちです。


これらの不良姿勢は気温が上がったこの時期でも
残っていてカラダに不調を起こします。

今回は『姿勢が悪いと起こる不調』についてお伝えしたいと思います。
まず、姿勢の良し悪しを決めるのは、
「背骨」の状態だと言われています
背骨というのは1つの骨ではなく

・頚椎(7個)
・胸椎(12個)
・腰椎(5個)
・仙骨

という骨が集まって構成されています。




背骨には
・体を支え内蔵を保護
・神経の出入口を作る


という役割があり、







頚椎は、頭の位置を決める。
胸椎は、身体をねじるときに活躍。
腰椎は、重い身体を支える。

仙骨は、体重を左右に分散して体のバランスを取る。

というように細かく骨ごとに役割があり
たくさんの骨が連動して動くことが必要です!
この骨たちが役割を果たし、支えることで姿勢や健康を維持してると言われています!




いい姿勢というのは、
・耳たぶ、肩、骨盤、膝、くるぶしが一直線
・背骨が自然なS字カーブを描いていること
だと言われています。



それを踏まえてこの写真を見てみると

image3.JPG


いい姿勢とは言えないですね…。
なぜなら、

・腰が反っている
・顔が前に出ている
・巻き肩になっている
このように姿勢が悪いと

筋肉を効率よく使えないため、トレーニングの効果が下がる場合があります。
また、腰痛、肩こり、ヘルニアなどの原因にもなると言われています。

なぜなら
・良い姿勢の時より代謝が約20%落ちる
・筋肉が局所的に使われるためコリにつながる
・関節が硬くなり筋肉が使われにくくなる

など理由は様々です。

悪い姿勢を改善させることだけでも、
健康になるための方法だと言えます!

正しい姿勢はこのような姿勢です。

image2.JPG


皆さんの姿勢はいかがでしょうか?
当店では加圧トレーニングだけでなく、
パーソナルストレッチも行っております。
ストレッチはご自身の今の姿勢を元に行わせていただきます。
この機会に今の姿勢を知って、トレーニングにもっと拍車をかけてみませんか?!

次回は、いい姿勢になるための条件とそのためのトレーニングをご紹介します。









〜広島の加圧トレーニングスタジオフュージョンのホームページはココ〜





posted by 加圧スタジオ FUSION at 18:38| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: